アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「外来種」のブログ記事

みんなの「外来種」ブログ


ワルナスビ〜繁殖力の強さと毒性が驚異の外来種

2017/07/22 20:55
近所の公園を散策していたら、
駐車場の脇でワルナスビが群生しているのを見つけました。

画像


ワルナスビを漢字で書くと「悪茄子」。
その名の通り、有難くない特性を持った外来植物です。
原産国はアメリカ合衆国南東部で、ヨーロッパ、アジア、オセアニアに移入しています。

花はナスビやジャガイモに似ていて、真っ白な花弁が美しいです。

画像


地下茎を四方八方に伸ばして、繁殖域を拡大していきます。
千切れた地下茎からも芽を伸ばすので、根絶するのが難しい。

果実はプチトマトのような形で、食べられそうですが、ソラニンを含んでいるため、中毒を起こす可能性があります。
また葉にはするどいトゲがあります。

画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


西日本、外来種カメが固有種を上回る

2011/01/18 22:58
今日の夕刊に「西日本、外来種カメが固有種を上回る」という記事が掲載されていました。
外来種カメとは、ミドリガメとしてペットショップなどで販売されているミシシッピアカミミガメのことです。
調査は岐阜県から長崎県にかけての16地域210か所で捕獲した896匹を分別した結果ということなんですが、
約4割がミシシッピアカミミガメだったようです。
日本固有種であるニホンイシガメは25%、中国原産で日本に定着したクサガメが31%。
ペットとして飼育していたものを持て余し、無責任に放棄した結果です。
琵琶湖周辺での調査は大津でイシガメが100%。
琵琶湖周辺はまだ安心ということでしょうか。

http://www.47news.jp/CN/201101/CN2011011801000031.html

京都鴨川河川敷で撮影したミシシッピアカミミガメ
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「外来種」ブログ

MY BLOG

デジタルカメラで楽しむ自然観察 外来種のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる