デジタルカメラで楽しむ自然観察

アクセスカウンタ

zoom RSS 小さな昆虫を撮影する場合の露出調整

<<   作成日時 : 2015/08/30 17:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

撮影する際に、私はプログラムオート(Pモード)をよく使います。
Pモードは被写体の周りの状況に応じて、カメラが自動的に絞り、シャッタースピードを決めてくれます。
私のような素人カメラマンにはとてもありがたい機能です。
ただ場合によっては意図した画像が撮れないことがあります。
特に露出は状況に応じて、調整した方がいいです。
出来上がりがぜんぜん違います。

プログラムオート(Pモード)でそのまま撮影した画像。
全体的に暗めになってしまいました。そのため中心にいるヘリカメムシが目立ちません。
画像


露出を+1.0上げてみました。ヘリカメムシの姿がよくわかります。
画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

MY BLOG

小さな昆虫を撮影する場合の露出調整 デジタルカメラで楽しむ自然観察/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる