デジタルカメラで楽しむ自然観察

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬の琵琶湖 比良山の冠雪とエリ漁

<<   作成日時 : 2010/01/04 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ブログの記事が生き物中心となっていましたので、
このあたりで地形というか、風景も紹介したいと思います。
琵琶湖はビワの形をしていて、堅田、守山あたりで区分けして、北湖と南湖と呼ばれます。
南湖より北湖の方が面積が広く、水深も深いです。
また南湖がある滋賀県南部の気候と北湖がある北部の気候は、特に冬場で大きく異なります。
南部は太平洋岸の気候で、冬場は乾燥した天気が多いですが、北部は日本海側の気候で、降雪が多くなります。
画像の背後に見える冠雪した山は比良山系で、古くから近江八景の一つ「比良の暮雪」で知られる景勝地として、国定公園に指定されています。
画像中心に見える柵は、琵琶湖の冬の風物詩の一つ、エリ漁の仕掛けです。
エリ漁は古来から行われている定置網漁法の1種です。
魚は障害物にぶつかるとその障害物に沿って進むという習性を利用したもので、アユなど琵琶湖に棲息しているほとんどの魚を捕まえることができます。
 
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

MY BLOG

冬の琵琶湖 比良山の冠雪とエリ漁 デジタルカメラで楽しむ自然観察/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる