デジタルカメラで楽しむ自然観察

アクセスカウンタ

zoom RSS シルバーウィークD 初秋の虫

<<   作成日時 : 2009/09/23 00:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

シルバーウィーク4日目は生あいにくの曇天。
雨こそ降らなかったものの、今日は会社の仕事もしなければならなかったので、
終日家に籠っていました。
連休前半の2日間に撮り貯めていた画像が残っているので、それをUPすることにします。

今の時期、草原を散策すると、足元からバッタが飛び立つのを観察することができます。
よく見かけるのが、ショウリョウバッタで、メスはバッタの仲間では最大の大きさとなります。(約8センチくらい)
オスはメスより2センチ程度小さく、性差が大きいバッタです。
ショウリョウバッタのショウリョウとは精霊と書き、旧盆の8月半ばから成虫が観られるようになることから、この名前がつけられたようです。
体色が緑色のものと、茶褐色のものがいます。またメスは縞模様が入ったものも観察できます。
イネ科の植物を食べ、草原でよく見つけられます。

公園内の河川敷で見つけたショウリョウバッタ
画像


同じ日、ツチイナゴも観察できました。
ふつうバッタは夏から初秋にかけて成虫が活動しますが、
ツチイナゴは活動時期がほかのバッタと比べると、1から2か月ほどずれていて、初冬まで成虫を観察することができます。

成虫になったばかりのツチイナゴ
画像





田んぼの虫の言い分?トンボ・バッタ・ハチが見た田んぼ環境の変貌 (人間選書)
農山漁村文化協会

ユーザレビュー:
アマチュアの活躍を, ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

MY BLOG

シルバーウィークD 初秋の虫 デジタルカメラで楽しむ自然観察/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる