アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「野鳥」のブログ記事

みんなの「野鳥」ブログ


ハツミヨザクラとヒヨドリ

2017/03/25 12:28
皇子が丘公園のハツミヨザクラが満開です。
サクラの蜜を求めてヒヨドリが枝から枝へと飛び回っています。
蜜に夢中になっているので、近くに寄っても逃げません。
桜見物の人間は自分たちを攻撃しないということを知っているのでしょう。
まさか写真に写されたいのではないでしょうね。

画像


画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


春分の日、ハツミヨザクラとメジロ

2017/03/20 20:40
今日は春分の日。
春らしい暖かな1日でした。
皇子が丘公園のハツミヨザクラは八部咲きくらい。満開まであとわずかです。
メジロが蜜を吸いに木々を飛び回っていました。
動きが速いので、撮影するのは難しいですが、
なんとか撮れました。
望遠は200ミリしかないので、画像は中央でトリミングして拡大しています。

画像


画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


草津水鳥観察所で水鳥観察

2017/02/12 14:49
冬になると、草津の志那中琵琶湖岸に水鳥観察所が設置されます。



琵琶湖草津湖岸コハクチョウを愛する会が毎年開設している小屋で、
付近にはたくさんの水鳥が集まってきます。
人に慣れているのか、近づいても逃げないので、水鳥に接近して撮影できます。

画像


今日はオナガガモを中心に、ユリカモメ、キンクロハジロの姿が観察できました。

オナガガモの雄
画像


オナガガモのペア
画像


飛翔するユリカモメ
画像


今日は残念ながら、コハクチョウの姿を見ることはできませんでした。

しかし、今年の冬は琵琶湖に飛来する水鳥の数が全体的に少ないようです。
なぜでしょうかね?



野鳥の呼び名事典 由来がわかる
世界文化社
大橋 弘一

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 野鳥の呼び名事典 由来がわかる の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

カモ類の観察 身近な水鳥の観察ガイド フィールド版
ぐるぐる王国DS 楽天市場店
孝森まさひで/著フィールド版本詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認ください出版社

楽天市場 by カモ類の観察 身近な水鳥の観察ガイド フィールド版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


立春〜公園の野鳥

2017/02/04 19:12
今日は立春。
暦の上では春になりました。
今日は春らしい陽気で、過ごしやすい一日でした。
皇子が丘公園を散策すると、代表的な冬の野鳥が観察できました。
ツグミ、シロハラ、トラツグミの姿を見ることができました。
いずれも地面を歩きながら、地中のミミズ、コガネムシの幼虫、木の実などをつまんでいるようです。
雑食なんですね。

ツグミ
画像


シロハラ
画像


トラツグミ
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


この冬、琵琶湖の渡り鳥が少ない?

2016/12/25 14:03
この冬、琵琶湖に飛来している渡り鳥の数が少ないようです。
例年なら場所によっては湖面いっぱいに渡り鳥の姿が見えるのですが、
今年は数匹程度しか見当たらない。
この場所は以前は大きなホテルがあったのですが、今は取り壊されて、大型スーパーとなりました。
また新築マンションの建築工事中でもあります。
環境の変化や工事の騒音などで、この場所だけ敬遠されているのか、
琵琶湖全体で飛来数が少ないのか、まだよくわかりません。

先日、新聞紙上で鴨川に飛来するユリカモメが過去最少であることが報じられていました。
鴨川のユリカモメは琵琶湖をねぐらにしていることから、
琵琶湖への飛来数が減っていることでもあります。

いったい何が起こっているのか?


今年、12月24日に撮影した画像。この辺は例年なら無数の渡り鳥の姿が見られる場所です。
画像


昨年12月20日に同じ場所で撮影した画像。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


琵琶湖に冬鳥が渡ってきています

2016/10/30 17:18
先週は気温が高く、天気もぐずついた日が多かったですね。
日曜日の今日は肌寒く、雲一つない良い天気になりました。
10月に入って、琵琶湖に冬の渡り鳥の訪れを知らせるニュースが入ってきています。
柳ヶ崎一帯にもヒドリガモ、オオバンの群れを観ることができました。
これからたくさんの渡り鳥が琵琶湖にやってきます。
また賑やかになりますね。

ヒドリガモ
画像


オオバン
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


モズとセグロセキレイ

2016/02/11 15:09
祝日の今日は朝からいい天気。
昼過ぎに皇子が丘公園を散歩しました。
冬の野鳥の姿は確認できませんでしたが、
ここを縄張りとしているモズとセグロセキレイを見つけました。
もうすぐ春。早く暖かくなってほしいです。
でも明日から天気は下り坂、週末は雨が降るようです。

モズ
画像


セグロセキレイ
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


寒い中でも野鳥は元気

2016/01/24 22:45
西日本が数十年ぶりの寒波に見舞われました。
今日は九州でも雪が降ったようですが、滋賀県大津の方は乾燥した晴天。
空が抜けるような青さです。

画像


公園では冬の野鳥・シロハラが元気よく飛び回っていました。
3月まで元気な姿を見せてくれることでしょうね。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2016年あけましておめでとうございます。

2016/01/03 17:39
真冬とは思えない暖かな日が続いています。
特に3日の今日は3月下旬から4月上旬の気候とか。
公園ではエナガ・シジュウカラ・コゲラが忙しそうに木々を飛び回っていました。
この暖かさの影響か冬の野鳥の姿が見えません。
どこに隠れているのでしょうかね。

エナガ
画像


コゲラ
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


冬の琵琶湖湖岸 コハクチョウ〜草津志那中

2015/12/26 21:37
今朝、草津市志那中の琵琶湖湖岸にある緑地公園へ行ってきました。
毎年、コハクチョウが飛来する冬の時期は、環境ボランティア 琵琶湖草津湖岸コハクチョウを愛する会主催による水鳥観察所が設置されます。
今朝はコハクチョウが3匹のみ。あとはオナガガモ、ホシハジロ、キンクリハジロの群れが観察できました。

水鳥観察所
画像



画像


コハクチョウ
画像


オナガガモ、ホシハジロの群れ
画像


大津市側へ戻り、湖岸から琵琶湖を望む。手前のコンクリ波止めにはカワウの群れが並んでいました。
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


タイトル 日 時
琵琶湖の水鳥〜オオバン多いな
琵琶湖の水鳥〜オオバン多いな 11月も終わりですが、急に寒くなりましたね。 琵琶湖に訪れる水鳥の数も多くなってきたようなので、28日の午前中、草津志那中湖岸へ観察に行きました。 オオバン、キンクロハジロ、ホシハジロ、カルガモなどが観察できましたが、 特にオオバンの多さが目に付きました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/29 22:34
ミラーレスカメラで野鳥観察
ミラーレスカメラで野鳥観察 冬の自然観察は野鳥がメインになります。 本格的に野鳥を撮影するには400oとか500oとかの超望遠レンズが必要ですが、 カメラも含めて、レンズも揃えるにはかなりの出費が必要です。 私の場合、そこまでの出費ができないので、 手軽に持ち運びができるミラーレスと210oの望遠レンズでできる範囲の撮影をしています。 趣味ですから、この程度のカメラで十分と思っています。 カメラはSONYのNEXシリーズなんですが、 動きが早い野鳥を撮影するにはオートフォーカスが遅いのが難点。 新しいαシリ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/18 17:08
冬の公園にて
冬の公園にて 冬の公園は人が少ないので、 色々な野鳥を観察できます。 今日はイカルとカワセミを観ることができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/10 22:42
雪の中の野鳥
雪の中の野鳥 正月1日、2日と近畿地方は数十年振りの大雪に見舞われました。 大津市内も15センチほどの積雪となりました。 極寒を避けて、北の国から南下してきた冬鳥たちも、この大雪には驚いたことでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/03 15:16
冬のアオサギ
冬のアオサギ 皇子が丘公園の池でアオサギが餌を探しているのか、じっと水面を見つめていました。 私が近づくと、こちらに視線を移して、少し警戒している様子。 サギの仲間は水鳥の中でも年中観られるし、 人里近くで活動しているので、撮影しやすいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/14 23:14
秋の鴨川で水鳥観察
秋の鴨川で水鳥観察 久しぶりに京都市街を流れる鴨川の川辺を歩きました。 七条大橋から五条大橋までの区間、約800メートルの距離。 川辺は脇を走る川端通りの車の騒音がほとんど届かず、川音だけが聞こえてきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/26 20:31
初夏のカワセミ
初夏のカワセミ 今年の2月にカワセミを観たのですが、 今日ふたたびその姿を観ることができました。 公園の人工池のほとりにある木立の枝に止まって、 池の中に潜む小魚を狙っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/15 20:17
コゲラ〜小啄木鳥
コゲラ〜小啄木鳥 昨日、雑木林でコゲラを観ました。 巣立ちしたばかりなんでしょうか、木の上でじっとして、「ゲーゲー」と鳴いていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/25 22:08
ハツミヨザクラ満開
ハツミヨザクラ満開 春本番前に急な寒の戻り。今週は本当に寒かったです。 でも明日からは春本番のようで、気温が急に上がっていくそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/22 22:38
ルリビタキとシロハラ
ルリビタキとシロハラ おとといは雪模様、昨日は冷たい雨でしたが、 今日は晴天となりました。 公園を散策していたら、ルリビタキとシロハラと出会いました。 ルリビタキは不動尊のある山中の谷の底の木の枝に止まっていました。 シロハラは公園内の茂みの近くをピョンピョン歩いていました。 210oの望遠端とさらにスマートズーム2倍で撮影。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/17 00:14
トラツグミ〜鵺(ぬえ)の鳴く夜は怖ろしい
トラツグミ〜鵺(ぬえ)の鳴く夜は怖ろしい NEX-3Nを手に入れてから、 珍しい野鳥に出会う機会が多くなりました。 先日は久しぶりにカワセミを観ましたし、 今日はトラツグミをかなり近い距離で観察することができました。 トラツグミは漂鳥(ひょうちょう)で、夏は山地で過ごし、冬になると平地へ降りてきます。 大津市では冬に公園内の芝生で見かけたりします。 今日は皇子山球場外周の芝生で観つけました。 すぐ近くにトレーニング場があって、自動車の出入りが多い場所なんですが、 平然と芝生の上を駆け回っていました。 ツグミも同じ場所に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/11 19:41
冬のカワセミ
冬のカワセミ 昨日は1日雪が降りましたが、 今日は昼前から陽が差し始めました。 公園を散策していたら、 久しぶりにカワセミと出会いました。 以前、夏に観た事があるのですが、冬場に観るのは今回が初めてです。 ときおり池の中に飛び込んで、餌を捕らえていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/09 20:37
オオバンの群れ
オオバンの群れ 琵琶湖の冬の水鳥の中でも、オオバンが異常なほど増えているそうです。 餌となる水草が増えている影響もあるようなのですが、 詳しい増加の原因はわかっていないようです。 画像は先日の土曜日に出向いた草津水鳥観察所から撮影したものなんですが、 湖面上空を大量のオオバンが舞っています。 鼻の頭の白い筋は遠くから観察してもオオバンとわかります。 すごい迫力です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/05 22:03
草津市水鳥観察所へ行ってきました
草津市水鳥観察所へ行ってきました 久しぶりに草津水鳥観察所へ行ってきました。 この場所でいろいろな水鳥が身近で観察でき、水鳥撮影には好ポイントです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/02 22:56
林を舞う小鳥
林を舞う小鳥 雨も上がって、日差しが差してきました。 秋も深まったこの時期、 紅く色づいてきた葉に隠れるように、 カラの仲間が枝から枝を舞っています。 カラの仲間はスズメより小柄で、 とても愛らしい小鳥です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/04 15:14
琵琶湖疏水口の桜とコゲラ
琵琶湖疏水口の桜とコゲラ 昨日、今日と大津では桜が見頃でしたが、 あいにくの荒天で、桜も花弁を散らしてしまいました。 今日午後からは陽も差してきたので、 毎年撮影ポイントにしている琵琶湖疏水口へ出かけました。 疏水口沿いの桜の木でコゲラを観つけました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/07 23:39
冬の琵琶湖の風景
冬の琵琶湖の風景 久しぶりに琵琶湖を眺めてきました。 湖岸へは自宅から歩いて10分程度で行けるので、 冬場は冬の渡り鳥を眺めたりしています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/03 18:08
草津(琵琶湖南湖)のコハクチョウの飛来は少なく
草津(琵琶湖南湖)のコハクチョウの飛来は少なく 琵琶湖は冬になると北方からたくさんの渡り鳥が飛来してきますが、 今年はコハクチョウが南湖の方まで下りてきてくれないようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/21 23:45
七条大橋から鴨川を眺める
七条大橋から鴨川を眺める 初冬を迎えた鴨川には、冬の使者ユリカモメやコサギが群れていました。 鴨川は水深が浅いので、エサが捕りやすいんでしょうね。 ユリカモメは琵琶湖をねぐらとして、日中は山を越えて、この鴨川に飛来してきます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/25 21:07
森のカワラヒラ
森のカワラヒラ 今日はなんとか天気は持ち直したようで、 時折日差しが差していました。 蒸し暑くもなく、吹く風が心地よい1日でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/23 21:13
京都鴨川のゴイサギ
京都鴨川のゴイサギ 京都三条大橋近くの鴨川で、ゴイサギを見つけました。 河原で餌を探しているのでしょうが、昨夜の大雨で川の流れが速くなっています。 ゴイサギはあまり人を警戒しないので、接近して撮影ができました。 昔、醍醐天皇がこの鷺を捕えるよう命じたら、すんなり捕えられたので、 醍醐天皇がその神妙さに感動して、従五位の位を与えられたそうな。 以来、五位鷺と呼ばれるようになったとか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/17 21:39
東寺のアオサギとカルガモ親子
東寺のアオサギとカルガモ親子 東寺の前に堀があるのですが、 そこで見つけたアオサギとカルガモの親子です。 東寺は京都市街にあり、国道1号線が手前を走るかなり交通量が多い場所にあります。 アオサギは鴨川あたりに生息しているのが、餌を求めてここまで飛来してきたのでしょうが、 カルガモの親子はここで繁殖しているんでしょうね。 カラスやネコに狙われないよう祈るばかりです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/30 19:12
春、野鳥観察
春、野鳥観察 昨日の寒さは和らいで、今日は春らしい陽気となりました。 こんな日はデジカメを片手に皇子が丘公園へ。 例年なら今の時期、ソメイヨシノが満開なんですが、 寒い日が続いた影響で、開花が遅れ、まだ三分から五分咲きの状態です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/08 14:49
カルガモ一家
カルガモ一家 3月に入って、ずいぶん暖かくなってきました。 久しぶりに近隣を散歩してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/03 18:26
草津志那(琵琶湖)湖岸水鳥観察所で水鳥観察
草津志那(琵琶湖)湖岸水鳥観察所で水鳥観察 草津市の琵琶湖志那湖岸で水鳥の撮影をしてきました。 この場所には、コハクチョウの観察のため、琵琶湖草津湖岸コハクチョウを愛する会の皆さんが観察所を設置されています。 午前中10時過ぎに来たのですが、残念ながらコハクチョウの姿を観ることができませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/04 18:25
初冬の琵琶湖
初冬の琵琶湖 久しぶりに琵琶湖岸を散策しました。 湖岸近くの湖面をキンクロハジロ、オオバン、ヒドリガモの群れが浮かんでいました。 私の気配を感じると、ゆっくりと岸から遠ざかっていきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/11 18:05
百舌鳥(モズ)の高鳴き
今日から3連休です。 初日の今日は秋晴れのいい天気でした。 陽気に誘われて、公園を散策したら、木の上で百舌鳥が高鳴きをしていました。 秋から冬にかけて、百舌鳥は雄も雌もそれぞれ縄張りをもって単独で生活します。 高鳴きは縄張りを示すための行動です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/08 16:00
公園のカワセミ
公園のカワセミ 1週間の盆休み中にカワセミを撮影したいと思っていましたが、 本日夕刻に自宅近くの自然公園内の人工池でついにカワセミを見つけました。 カワセミはもう少し自然が多い山手の渓流沿いでしか観察できないだろうと思っていたので、 こんな身近で観察できたのは意外でした。 人工池にはいままで何度も訪れていましたので、まさかここでカワセミと出会うとは思ってもみませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/12 18:07
イカル(斑鳩)
イカル(斑鳩) このGWは曇りがちで肌寒い日が続いたのですが、 今日の子供の日は非常に良い天気になりました。 午後、皇子が丘公園を散策していたら、木の上の方で鳥の美しい囀りが聞こえました。 声のする方に目をこらすと、イカル(斑鳩)が木の実をついばんでいました。 山林でふつうに観察できる野鳥のようですが、 撮影できたのは今日が初めてです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/05 17:59
シロハラ
シロハラ 昨日、初御代桜を観に皇子が丘公園を散策した際に、シロハラと出会いました。 腹部が白いことからこの名前が付いています。 ツグミの仲間で、冬に日本に渡ってきます。 ツグミと同じように、地面を歩きながらミミズや木の実を探します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/21 00:24
湖岸沿いの水鳥観察小屋は本日で撤去
湖岸沿いの水鳥観察小屋は本日で撤去 草津市の志那琵琶湖湖岸沿いに、冬の間中水鳥観察小屋が設置されているのですが、本日撤去されました。 昨日、久しぶりに現地に行って、オナガガモやヒドリガモをまじかに観察しました。 残念ながらコハクチョウは北へ帰った後のようで、観察することができませんでした。 今冬はコハクチョウの来訪数が例年より少なかったそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/27 23:13
春はもうすぐ
春はもうすぐ 春らしい気候に誘われて、 久しぶりに皇子が丘公園を散策してみました。 今の時期は椿が見ごろで、公園の至る所で、赤い花が目に止まりました。 冬場の自然観察といえば、バードウォッチングです。 コゲラ、ヤマガラ、シジュウカラが素早い動きで枝から枝へと飛び回っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/20 19:23
ツグミとスズメ
昨日、散歩途中で街中の公園で撮影したツグミの画像です。 背後にスズメも映っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/13 23:22
冬の琵琶湖〜湖南
冬の琵琶湖〜湖南 寒の戻りでかなり寒い日が続いています。 今日は近所の琵琶湖畔から大津港側を眺めてみました。 湖畔では冬に北方から渡ってくるヒドリガモが、群れとなって湖面に羽根を休めていました。 私の気配を感じた群れは、ゆっくりと沖の方へ逃げていきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/12 20:56
紅葉の中のエナガ
紅葉の中のエナガ 画像はエナガです。 昨日、紅葉の撮影をしているときに、群れに出会い、そのうちの一匹をアップで撮影することができました。 スズメより小型で、動きが非常に素早いので、撮影するのは難しいです。 森林で群れで生活していますが、街中の木の多い公園でも観察することができます。 一年中観られる留鳥です。 主に木の葉に付いているアブラムシを餌にしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/21 15:17
ムクドリのねぐら
ムクドリのねぐら 夕刻、市街地の街路樹に群れるムクドリは今や当たり前の姿となりました。 ムクドリはが人が多い市街地をねぐらにしているのは カラスやタカなどの天敵から身を守るためです。 特に市街地は街灯やネオンで夜でも明るいから、なおさら外敵が近づきにくい環境なのです。 ムクドリは人間の住環境をうまく利用して生息域を拡大しました。 でもねぐらになった街路樹周辺は大変です。 夜になっても囀りが聞こえるし、糞がそこらじゅうに飛び散るし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/17 21:35
セイヨウカラシナの実とカワラヒワ
セイヨウカラシナの実とカワラヒワ 自宅前の小川に生えていたセイヨウカラシナが枯れて、実だけとなり、 その実を食べにカワラヒワが飛来しています。 カワラヒワはスズメほどの大きさで、群れで活動しています。 非常に警戒心が強く、人の気配を感ずると、すぐに逃げていってしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/13 17:41
市街地のコゲラ
市街地のコゲラ コゲラはキツツキの仲間で、森林でしか観られないと思っていました。 昨日、大津京駅近隣の道路沿い(ホテル紅葉の前の道路)の街路樹でコゲラを観つけました。 何か咥えながら、慌ただしく木の上を動き回っていました。 市街地でコゲラを観ることは珍しいことではないようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/04 22:01
オオルリを見つけました
オオルリを見つけました 皇子ヶ丘公園から早尾神社に続く参道で、オオルリを見つけました。 カメラに収めましたが、薄暗かったこともあって、せっかくの美しい被写体もブレてしまいました。 肉眼では、はっきりと美しいブルーの体色は確認できませんでしたが、 デジカメの画像では確認できました。 オオルリを観たのは初めての経験です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/29 18:13
イソヒヨドリの雌
イソヒヨドリの雌 琵琶湖が近くにあるせいか、イソヒヨドリをよく観ます。 ヨーロッパの方では標高の高い山岳地帯に生息しているそうで、 日本では海岸、湖岸近くを生活圏にしていて、最近では都市のビル街でも観察できるようです。 大津市街は最近、湖岸近くにマンションがたくさん建設され、天敵から身を守ることができ、 イソヒヨドリにとっては住みやすい環境になったのかもしれません。 画像は雌で、地味な色合いをしていますが、 雄は青みがかった地色に、胸から腹にかけてエンジの配色があり、とてもきれいです。 また美しい囀... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/06 00:28
初御代桜とメジロ
今日、皇子ヶ丘公園の初御代桜を撮影してきました。 蜜を吸いに、メジロの群れが枝の間を飛び回っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/20 22:30
オカヨシガモ
今週の土日は散策をしかったので、 先週撮影したオカヨシガモの画像をアップします。 冬鳥として渡ってくるカモなんですが、 ヨシガモと比べると、オスでも地味な羽色をしています。 あと2か月もすれば、琵琶湖に滞在していた冬鳥は北方へ帰っていきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/28 23:03
金黒羽白
今日は寒波も去って、春らしい陽気になったので、 近くにある琵琶湖岸へ行ってみました。 ヒドリガモの群れに混じってキンクロハジロを見つけました。 シロクロのコントラストと後頭部の冠羽が特徴です。 寝ぐせみたいですけどね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/21 21:38
ディアゴスティーニから週刊「野鳥の世界」刊行
分冊百科で有名なディアゴスティーニから「野鳥の世界」が刊行されました。 初回本は特性バインダ付で290円と超お値打ちです。 安いとはいえ、中身はなかなか充実しています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/18 01:25
コゲラ
自然公園内の広場の中心にある木でコゲラを見つけました。 どうやら番らしくて、2匹が木の上の方で忙しく枝から枝へと動き回っていました。 前回同じ公園で見つけたときはうまく撮影できなかったんですが、 今回はできるだけシャターを押す回数を増やして、まぐれの1枚の確率を高めてみました。 その数十枚のうちの1枚がこの画像です。 かなり高い位置にいたので、24倍ズームで撮っても、それほど大きく写せません。 仕方ないので画像処理ソフトで中心部をトリミングしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/14 22:24
四十雀と書いてシジュウカラ
今日は久しぶりに陽が射したので、 デジカメをぶら下げて近くにある観察フィールドの公園を散策しました。 桜の木の上でジュリジュリと鳴く小さな鳥の姿。 シュジュウカラです。 漢字では四十雀と書くようですが、由来はなんでしょうね? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/13 20:06
京都 鴨川の水鳥
京都の市街地を縦断する鴨川はちょっとした水鳥の観察スポットです。 小雪の降る中、川沿いを観察してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/02/08 01:21
岸で餌摂るヒドリガモ
昨日、自宅近くの湖岸で、岸に上がって、餌を摂るヒドリガモの群れを見つけました。 ヒドリガモは冬の渡り鳥として、琵琶湖ではよく見かける水鳥ですが、 岸で集団で餌を摂る姿を見たのは初めてです。 場所はホテルとマンションに囲まれた湖岸の公園で、 市街地で悠々と餌を摂る姿は感動もんですね。 私がカメラを向けて近づいたら、湖面へ飛び立ってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/31 22:47
百舌鳥(モズ)
モズは漢字で百舌鳥と書きます。 他の鳥の鳴き声を真似ることがあることかが名前の由来です。 年中観察できる留鳥で、身近な公園でよく観られます。 食物は昆虫、トカゲ、ネズミなどの小動物のような動物性が多いですが、 小動物が少ない冬場は、木の実を餌としています。 捕えた小動物を木の枝に突き刺して保存するという早贄(はやにえ)の習性があり、 なぜそのような行動をとるのかは不明です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/17 19:03
琵琶湖のカモの仲間
寒気が一段落した今日の日中は割と過ごしやすい陽気となりました。 久しぶりに琵琶湖岸へ水鳥の撮影に出向いてみました。 撮影したのはすぐ近所の琵琶湖岸で、車の往来が多い国道沿いにある入江です。 よく観かけるヨシガモのほかに、ヨシガモ、オオバン、ホシハジロが観察できました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/11 20:22
冬の公園
年末年始の寒波の名残が残る3が日最終日、久しぶりに近所の自然公園を散歩しました。 寒風が強く吹いて、曇りがちな天気でしたが、 木立の間を野鳥たちが飛び回ってました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/04 01:15
スズメ
画像は先日京都市街を散策した際に、鴨川に架かる御池大橋付近で撮影したスズメです。 スズメといえば人間の生活圏内に生息する身近な野鳥です。 しかし以前と比べると、個体数が減ってきているように思います。 スズメは屋根瓦の隙間を利用して巣を作ることが多いのですが、 屋根瓦のある昔ながらの家屋が減ってきたことも減少原因のひとつでしょう。 最近ではスズメに代わって、ムクドリが増加しているようで、 私の近所にある駅のロータリーの街路樹はムクドリのねぐらになっていて、 夥しい数のムクドリが群がっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/31 14:07
公園の冬鳥〜ジョウビタキ
紅葉の撮影中にジョウビタキが飛んできました。 ジョウビタキは夏は中国東北部、沿海州、バイカル湖周辺で繁殖しますが、 冬に日本に渡ってきます。 スズメ程度の小さな鳥です。 都市部の公園でも観察することができる身近な冬鳥です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/25 01:20
琵琶湖の水鳥〜ヒドリガモ
冷え込みが厳しくなり、本格的な冬が来ようとしています。 琵琶湖には冬を越すために、北方から水鳥たちが飛来してきています。 今日は大津港周辺を散策してみました。 画像はヒドリガモのつがいです。 オスの額あたりの黄色い帯がこのカモの特徴です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/23 21:20
冬の訪問者
今月初めくらいにユリカモメが琵琶湖に飛来したようなので、 今日、大津港へ観に行ってきました。 数羽しか確認できませんでしたが、 京都へ遊説でもしていたんでしょうかね? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/23 17:22
鴨川のユリカモメ
先週の土曜に京都へ出向いた折り、 五条大橋から鴨川の川面で休むユリカモメを見かけました。 ユリカモメは渡り鳥で、冬場にカムチャッカ半島あたりから飛来してきます。 ここらに群がるユリカモメは琵琶湖をねぐらにしていて、 昼は山を越えて、京都市街を流れる鴨川にやってきます。 鴨川は市街地では珍しく、水鳥が集まる場所で、ユリカモメのほか、 ダイサギ、コサギなどもよく観ることができます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/09 23:12
琵琶湖の水鳥
湖岸近くで、アイガモの群れに混じって泳ぐカルガモのペアの姿を撮影しました。 琵琶湖はその広大な面積から様々な水鳥が棲み付き、また渡ってきます。 もうすぐ北の方からコハクチョウ、ユリカモメなどが渡ってきて、湖岸も賑やかになります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/29 22:53
市街地の野鳥たち
市街地も今は緑化が進められ、少し意識していれば 簡単に野鳥を観察することができます。 掲載した画像は最近近所を散歩した際に観察できた野鳥たちです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/03 01:01
アオサギ
琵琶湖はラムサール登録地で、たくさんの種類の鳥類が生息しています。 中でもサギ類は特に数が多いのではないでしょうか。 ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アマサギ、ゴイサギ、アオサギなどが身近な場所で観察できます。 今年の夏はアオサギとよく出会いました。 体長90センチほどもある大型の鳥です。 アオサギと言っても、青い色ではなく、どちらかというと灰色っぽい体色をしています。 「和名「アオサギ」のアオは古語で灰色のことを指し、英名でも"Grey Heron"(灰色のサギ)と呼ばれる」 出典... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/02 01:01
ツグミ
大津港あたりを散策していたら、 すぐ目の前をツグミが。 ツグミは冬を代表する渡り鳥。 春も半ばになるのに、まだ北方へ帰らないのでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/11 20:38
晩秋のひととき
朝晩は冷え込むようになったが、日中はまだ過ごしやすい気候だ。 昼食を摂ってから、湖岸を経由して、膳所のパルコまで歩く。 時間にして30分くらいの道のり。 途中の道に紅葉の進んだ街路樹の銀杏が黄金色に輝いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/17 18:16
イソヒヨドリ親子
外から鳥の鳴き声がうるさく聞こえる。 自宅マンションの西側には比叡山系が拡がり、 緑も多いので、鳥の鳴き声が聞こえるのは普通のことだけれど、 今日は普段より騒がしい。 どうもこの近辺に住みついているイソヒヨドリの声のようだが、 時折、ゲイゲイという警戒する囀りをしている。 カラスにでも狙われているのか。 ベランダの出て、周囲を見渡すと、 隣家の屋根につがいの2匹が見えたが、 様子が妙におかしい。 下の方を見下ろすと、小型の鳥が地面をピョンピョン飛び跳ねている。 どうやら雛の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/26 22:46
まるでホラー映画のような・・・
このブログもしばらく自然観察の話題から離れていたので、 久しぶりに生き物の話を入れてみる。 ネット中にたまたま見つけたネタ。 レウコクロリディウムという寄生虫の話。 この寄生虫は幼虫時代にカタツムリの仲間の体内に寄生するのだが、 時期がくると触角の位置に移動して、 触角を肥大させ、さらにカラフルな色に変色させる。 カタツムリは寄生虫の意のまま、一番目立つ場所へ移動させられる。 そして鳥に簡単に見つけられ、カタツムリは食べられる。 まんまと鳥の体内に侵入できた寄生虫は、そこで成... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/07 13:06
コハクチョウ
草津志那中湖岸でコハクチョウが観察できると聞いたので、 午前中に観に行ってきました。 草津湖岸コハクチョウを愛する会の方々が保護活動をされているおかげで、 本当に近くで観察することができました。 コハクチョウだけでなく、キンクロハジロ、ホシハジロ、オナガカモも群れていて、 久々にサイトの画像コレクションを増やすことができました。 もう数日もすれば、彼らも北へ帰ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/18 15:48
セキレイの幼鳥
自宅マンション前を流れる小川で セキレイの幼鳥を観察。 親鳥なら近ずくとすぐに飛んでいってしまうのだが、 まだ警戒心が薄いのか、飛び去ることもなくカメラに収まった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/15 22:14
ショウビタキ
2週間ほど前に、観察ポイントにしている皇子が丘公園で撮影したショウビタキ。 琵琶湖に注ぐ小河川の不動川上流にあたる公園内のこのポイントは、 野鳥の水呑場となっている。 野鳥観察のコツはこういったポイントで、彼らがやってくるのをじっと待っていることだ。 水呑場に姿を現したので、OLYUMPUS C700UZの10倍ズームで撮影していると、 次第に近くまでやってきた。 この画像は目の前2メートルほどまで近づいてきたときにシャッターを切ったもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/03 23:46

トップへ | みんなの「野鳥」ブログ

MY BLOG

デジタルカメラで楽しむ自然観察 野鳥のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる