デジタルカメラで楽しむ自然観察

アクセスカウンタ

zoom RSS 同じカエデの紅葉といっても色の違いがありますね

<<   作成日時 : 2017/11/25 22:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

紅葉シーズンがピークを迎え、どこの観光地も人で一杯。
僕は主に近所にある皇子が丘公園か少し足を延ばして、
京都の南禅寺界隈で紅葉を楽しんでいます。

画像

カエデは赤、イチョウは黄色がよく知られる紅葉の色付きのパターンですが、
同じカエデでも黄色っぽいもの、紅色のもの、赤い色のものなど様々な色付きパターンがあります。

これは紅葉のメカニズムのためで、
夏場の葉が緑色なのは葉に含まれる葉緑素によるものです。
葉緑素は光合成を行うために必要な組織。
秋になり気温が下がる頃、葉緑素は分解され、カロチノイドが残り、葉は黄色く変色します。

画像


最低気温が7度前後に下がる頃、葉の中の養分が変化、アントシアニンという葉を赤色に変色させる物資が増え、
鮮やかな紅葉として映えるようになります。

画像


緑から黄色、そして赤へと色を変化させながらやがて葉を落とす。
紅葉は1シーズンを生き延びた落葉樹の最後の大きな活動なのですね。
写真素材のピクスタ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

MY BLOG

同じカエデの紅葉といっても色の違いがありますね デジタルカメラで楽しむ自然観察/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる