アクセスカウンタ

<<  2017年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


早春の野草〜オオイヌノフグリ

2017/02/26 12:49
春の兆しを見つけようと、小川の土手を散策しました。
まもなく3月になるので、春の野草はぽつぽつ花開くはず。
日溜りで見つけたのが、オオイヌノフグリ。
小さな青色の花を咲かせています。
気に留めていないと、確実に見逃す野草なのだけれど、
花弁をアップで観ると、なかなか美しい配色をしています。

名前に付いているフグリとは陰嚢(いんのう)=キンタマからきているということはよく知られた話。
イヌノフグリという野草より大きいことからオオイヌノフグリという名前になったそうです。

画像はクローズアップフィルター4を付けて、拡大撮影したので、
被写体深度が浅くなっています。
F値を上げて撮影すべきだったかな?

画像


画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


春の始まり梅の花

2017/02/19 16:03
寒くなったり、暖かくなったりと今週は変な陽気でした。
本格的な春はまだ先ですが、
春の始まりを告げる梅の花がぽつぽつ咲き始めています。
桜の花と違い、華やかさはないですが、灰色の冬の景色の中に咲く白やピンクの花はとても新鮮な輝きを放っています。

画像


画像


2017年2月18日大津市皇子が丘公園にて。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


草津水鳥観察所で水鳥観察

2017/02/12 14:49
冬になると、草津の志那中琵琶湖岸に水鳥観察所が設置されます。



琵琶湖草津湖岸コハクチョウを愛する会が毎年開設している小屋で、
付近にはたくさんの水鳥が集まってきます。
人に慣れているのか、近づいても逃げないので、水鳥に接近して撮影できます。

画像


今日はオナガガモを中心に、ユリカモメ、キンクロハジロの姿が観察できました。

オナガガモの雄
画像


オナガガモのペア
画像


飛翔するユリカモメ
画像


今日は残念ながら、コハクチョウの姿を見ることはできませんでした。

しかし、今年の冬は琵琶湖に飛来する水鳥の数が全体的に少ないようです。
なぜでしょうかね?



野鳥の呼び名事典 由来がわかる
世界文化社
大橋 弘一

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 野鳥の呼び名事典 由来がわかる の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

カモ類の観察 身近な水鳥の観察ガイド フィールド版
ぐるぐる王国DS 楽天市場店
孝森まさひで/著フィールド版本詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認ください出版社

楽天市場 by カモ類の観察 身近な水鳥の観察ガイド フィールド版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


立春〜公園の野鳥

2017/02/04 19:12
今日は立春。
暦の上では春になりました。
今日は春らしい陽気で、過ごしやすい一日でした。
皇子が丘公園を散策すると、代表的な冬の野鳥が観察できました。
ツグミ、シロハラ、トラツグミの姿を見ることができました。
いずれも地面を歩きながら、地中のミミズ、コガネムシの幼虫、木の実などをつまんでいるようです。
雑食なんですね。

ツグミ
画像


シロハラ
画像


トラツグミ
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2017年2月のブログ記事  >> 

トップへ

MY BLOG

デジタルカメラで楽しむ自然観察 2017年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる