デジタルカメラで楽しむ自然観察

アクセスカウンタ

zoom RSS F値を調整しながら接写してみた

<<   作成日時 : 2016/03/21 16:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

これから春の野草のシーズン。
枯草の大地にも、新緑が目立つようになり、小さな花も観察できるようになりました。
マクロレンズやクローズアップレンズを使って、数センチの至近距離で小さな花を撮影してみましょう。
今回は4のクローズアップレンズを装着して、オオイヌノフグリを撮影してみました。
ふたつの画像の違いはF値の設定です。
上はF11、下はF22で撮影した画像です。

F11の画像
画像


F22の画像
画像


F11は手前の花しかはっきり写っていなくて、後方の花は完全にボケています。
F22の方は後方の花のボケが少なく、ある程度花の形の識別ができます。
接写するときはピントが合う範囲が小さくなるので、花の全体像が分かりにくくなります。
F値を上げることで、ピントが合う範囲を拡げ、花の全体像をわかりやすく見せるといいと思います。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

MY BLOG

F値を調整しながら接写してみた デジタルカメラで楽しむ自然観察/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる