デジタルカメラで楽しむ自然観察

アクセスカウンタ

zoom RSS 琵琶湖岸のイトトンボ

<<   作成日時 : 2014/09/07 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

琵琶湖周辺には99種類のトンボが生息していいます。
この中にはイトトンボの仲間も含まれています。
湖岸の草むらを散策していると、
足元を小さなイトトンボが群れをなして飛んでいるのが見えます。
湖岸には藻がたくさん繁殖していて、
そこがイトトンボの格好の繁殖環境となっています。

画像はアオモンイトトンボです。
上が雄で下のオレンジ色をしたのが雌です。
同じ種類のイトトンボなのですが、雄と雌でこれだけ色が違うと違う種類のイトトンボに思えてしまいます。
ただオレンジ色は若い雌の時期だけで、成熟すると雄に近い色に変色していくようです。

アオモンイトトンボ(雄)
画像


アオモンイトトンボ(雌)
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

MY BLOG

琵琶湖岸のイトトンボ デジタルカメラで楽しむ自然観察/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる